スターウォーズR2D2を作る32~35号「ライトセーバーチューブまでの組み立て」
デアゴスティーニ

急に秋らしくなってきたと思ったら、台風の影響で夏のように寝苦しかったり。
おかげで風をこじらせてしまいました。
みなさんもお気をつけ下さい。
チョコチョコ組み立ててはいたのですが、サーバーの関係もありブログのアップが遅れ気味なので、がんばります!!

デアゴR2D2「32号の作業パーツ」

32号のパーツ一覧

32号のパーツ一覧
●赤外線センサー
●M2.0✕6mmビス
●M2ナット
●M2.0✕4mmビス
●M2.3✕6mmビス

32号「赤外線センサー」を取り付ける

仮組みしたインナーフットケースに赤外線センサーを取り付けます。

30号の工程をきちんとしていれば、ケーブルがソケットに届かない事はありません。

もし届かない場合には、引っ張らずに30号の作業に戻りましょう。

デアゴR2D2「33号の作業パーツ」

33号のパーツ一覧

33号のパーツ一覧
●フレームリング40
●パワーバスケーブル
●フットベースR

33号「フットベースR」の作業

フットベースRと頭部ドームの一番下の部分になるフレームリングの取付です。

LEDの穴の差し込みに注意が必要です。

C3PO
右足の完成も間近ですね。

フレームリングの取り付け作業

これまでの作業と同じで、3段目のフレームリングの組立作業です。

フレームの印と合わせて取り付けましょう。

作業自体は単純なのですが、15ヶ所の固定が必要で大変でした。

デアゴスティーニ

デアゴR2D2「34号の作業パーツ」

34号のパーツ一覧

34号のパーツ一覧
●右フューエルセル・アウターカバー
●右フューエルセル・インナーカバー
●モーターテストケーブル
●M2.3✕6mmビス
●クイックリリースラッチ
●ビスカバー

34号「駆動のテスト」

今号ではモーターの駆動テストを行い、フューエルセルの取り付けまでします。

電池ボックスとテスト用のケーブルを繋いでテストしますが、前号で組み立てたケーブルを外すのに一苦労しました。。。

ヨーダ
ケーブルを壊さないように注意じゃ。

フューエルセルの取り付け作業

きちんとモーターが駆動するのを確認して、フューエルセルの組み立てをします。

バスパワーケーブルを2本取り付けると急にソレッポク見えてきて、テンション上がります!!

デアゴR2D2「35号の作業パーツ」

35号のパーツ一覧

35号のパーツ一覧
●ライトセーバーチューブA
●ライトセーバーチューブB
●キャッチャー
●スプリング
●チューブキャップ

35号「ライトセーバーチューブ」の組み立て

35号では、ライトセーバーを収納するチューブの組み立てにまります。

劇中と同じように頭部パネルが開いて中からライトセーバーがせり上がるのを再現しているようです。

C3PO
完成が楽しみですね。

2つのパーツを挟んで止めるのですが、ビスの締め加減が「固く感じたらねじ込むのをやめる」とか加減がムズいです(^_^;)
とりあえずライトセーバーチューブの完成です。
このねじ込み加減で良いのかは、後に判明するでしょう(笑)

さいごに

32~35号まで一気に作業をしました。

中でも苦労したのは、34号でのプラグの脱着で、プラグを引き抜くのが大変でした。
強く引っ張るわけにも行かないので…
直後に駆動テストでケーブルを付け替えるのが最初に分かっていれば楽なのにと思いました。
ここはデアゴさんにも伝えたいことですね。

駆け足で組み立てましたが、右脚部がほぼ出来上がったと思います。
モーターも仕込まれているので、ずっしり重く、また完成の姿が想像できてワクワクしました。

次号も続きがんばります。

おすすめの記事