スターウォーズR2D2を作る「簡単な組み立てがつづく」
デアゴスティーニ

こんいちは、てるです。
久しぶりの更新です。
実は、づいぶん前に58~61号まで組み立てていましたが…。
ブログを書くのを忘れていました(^_^;)
62号からのを載せようとして、発覚!!
忘れていたほうを先にアップしますね。←当たり前

C3PO
それでは58号より組み立てスタートです。

デアゴR2D2「58号の作業パーツ」


ドームパネルとフットベースの取り付け作業

今号では、ドーム型の頭にブルーのパネルを取り付けて行きます。

取り付け方法は、両面テープを使い裏側からひっつけます。

続きまして足の裏を取るつけて完成です。

簡単な組み立てで、あっけなくすぐに終わってしまいました^^

デアゴR2D2「59号の作業パーツ」

ドームパネルとフューエルセル取り付け

58号で取り付けた横長のパネルの横に、並べて青いパネルを取り付けます。

続きまして、左脚部のモーター駆動のテストをします。

C3PO
34号で行った方法と同じです。

このときわざとケーブルを取り付けていませんでした。

前回は、ケーブルを繋ぎ変えてのテストをするのにソケットから固くて苦労していたからです。

サクッとモーター駆動テストをした後に、組み立てます。

デアゴスティーニ

目隠しの蓋をして、くるぶしのところのカバーを取り付けます。

最後にピカピカしたパワーバスケーブル2本を差し込み今号の完成です。

デアゴR2D2「60号の作業パーツ」

ディスプレイケーブルの取り付け

C3PO
どんどん組み立てましょう

論理関数ディスプレイの点灯テストをしたものに、ケーブルを取り付けて完成。

次にビスカバーを10ヶ所差し込みます。

写真がピンぼけでごめんなさい(^_^;)

デアゴR2D2「61号の作業パーツ」

ドームカバーとビスカバーの取り付け作業

右脚のときには、まあるいビスカバーを無理矢理に変形させながら、ギュウギュウ押し込みましたが、左脚は改良されて、穴の形になっています。

前回は、押し込むのが大変だったので、これは嬉しい♪

あとはペタペタと青いパネルを両面テープを使い裏側から2つ貼り付けて完成。

さいごに

今回は58号から61号まで組み立てましたが、パネルを貼り付けたりケーブルつないだりと簡単な作業ばかりでした。

注意した点は、ドーム型の頭で手を切らないように手袋をして作業しました。
手袋で両面テープを曲面に貼るのが難しかったですね。

指先の感覚がわかりにくく、何度も両面テープを貼り直してしまいました(^_^;)

また、両面テープでの仮止めなので手が触れると直ぐに外れてしまうので触れないように注意しましたが、まだまだこの後の号でもパネルを貼るので保管にも気をつける必要がありそうですね。

ゴールデンウイーク中に、溜まってしまった組立作業がんばります!!
ではでは~

おすすめの記事