デアゴR2-D2を作る「難所?頭部ドーム内の配線」の取り回しが大変
デアゴスティーニ

今回はボディパネルにディテールパーツを取り付けて~頭の配線です。

気が重い脳ミソの配線です。

最初に説明書を読みましたが、コレがややこしそうです。

間違えないように、ひとつづつ確認しながら頑張って組み立てます。

デアゴR2D2「76号の作業パーツ」

今号はパーツの点数がやたら多いです。

ボディパネルの組み立て

ショルダーシールを胴体のパネルに取り付けます。

袖みたいなものかな。

続いて、排熱グリルを裏側から取り付けます。

ボディパネルはここで完成です。

次は問題の頭ですが、嫌いな樹脂製キャップからのようです。

ドームを固定するのに使う樹脂製のキャップビスですが、前回のものと違いクルクルと回りやすいです。

改良されたのだと思います。

前回は締め付けるのに固くて苦労しましたから、誰かがデアゴスティーニさんに言ったのかな?

何にせよ呆気なくレンチで取り付けに成功しました。

デアゴスティーニ

デアゴR2D2「77号の作業パーツ」

フレームマウントの取り付け

ビスで固定するだけなので、ここまではカンタン。

難所?頭部ドーム内の配線の取り回し

ライトセーバーがせり上がる筒状のパーツのケーブルを締めすぎないように注意しながら、スパイラルチューブで巻いてから固定します。

ライトセーバーの筒を、下から支えながら頭部ドームに固定します。

この取付が大変でした!手がもうひとつほしい!

写真を撮るのも忘れて真剣勝負。

接続ソケットを間違えないように確認しながら頭部ドームの中を配線します。

ケーブルの取り回しと、接続先をテキストとニラメッコしながら進めます。

接続プラグやコードを注意しながら繋ぎ、今号の作業は完了です。

まとめ

今回は、細かい作業が多くて気が抜けませんでした。

でも、なんとかかんとか出来ました。

配線コードの取り回しもでしたが、ライトセーバーの筒の取り付けに苦労させられました。

長いので机のフチで長さをかわして、ドームの上からネジで固定しました。

では今回は終わり、次号へ続きます。

おすすめの記事